アドラー心理学貢献編 ELM勇気づけリーダー養成講座

ご自身がリーダーとして、実践していただく講座ですので、基本的に一般コース受講後、ご参加ください。(それでも!!と熱意のある方はご相談ください。受講可能です)

アドラー心理学のゴールは、違う個性を持つ同士が、協力し「共同体感覚」を育み合うことです。

物の豊かさに溢れている現代の日本。なのに、若者の自殺が増えてきているという現実。。。そんな世の中で私にできる精一杯を考え、歩みを重ねてまいりました。

 

子どもたちが、今、未来に希望を持ち、大人になることに憧れを抱けるような、社会に。私自身に。

愛と勇気、人の温もりが波紋のように広がりますように。志を持った方々の熱意、お待ちしております。

 

ELM勇気づけリーダー養成講座は、ELM勇気づけ勉強会プログラムをより深く学び、ファシリテーターとして伝えていく基礎をつくる内容となっています。

 

受講後は、ELM勇気づけ勉強会プログラム(全12章)をご自身で開催でき、自分らしさを深めながら、社会貢献に繋げていけるお勧めの資格です。

ELM勇気づけリーダー養成講座で大切にすること

講座の中で、担当章をお一人2~3章決め、実際にエルムを進行していただきます。

はじめてなので、初回は、上手くいかないと感じる方が多いのですが、実は、思い通りにすすめられない事態になった方が好ましい講座です。

上手くいかなかった・・・と感じられるような出来事が起こった時に沸き起こる感情に出逢い、その感情とどうお付き合いして、次の担当章を進めていくのか、ここが講座の宝物。

そこから、信頼への扉が開いていくと私は思っているからです。

 

失敗したらどうしよう。。。その心の裏には、恐れがありますね。そして、もっと深く掘り下げると、そこには自分や他者に対する不信感があるのではないでしょうか。

うまくいったら、わたしはOKな存在・他者も認めてくれる。逆に言えば、失敗したら、ダメな自分・失敗したら、他者からも。。。

私たちは、自分にOKを出すことに、条件がいっぱいついていることが多いのではないかと思うのです。

 

勇気づけリーダーとして進むうえで

▪みんなの中で、うまくできない自分に出会うこと

▪不完全である勇気を持って、胸を張って挑戦してみること。

▪成功体験を積むこと

この3つが、大切な課題だと思っています。

ELM勇気づけリーダー養成講座では、信頼と尊敬で繋がる、暖かい安全な場所で安心して挑戦していただく場をご提供します。

失敗も成功もOK!失敗してこそ、そこに学びがうまれます。

だからこそ、人の温もりや信頼からの安心感、アドラーが目指す「共同体感覚」の三要素(自己受容・他者信頼・貢献感)をじんわりと感じることができるのです。

 

安心して実践に挑戦してください。

その先にある感情・・・本当に素敵なのですよ。